【UberEATS】人気の宅配サービスメニュー「UberEATS」について解説するよ!

人気の宅配サービスメニュー「UberEATS」について

UberEATS(ウーバーイーツ)という言葉を聞いたことがありますか?飲食店のデリバリーを個人に委託するサービスのことですが、まだまだ知らない方というも多いのではないでしょうか?そこで今回はUberEATSの仕組みと宅配の流れについてご紹介いたします。

 

UberEATSとは?

UberEATS(ウーバーイーツ)は2014年に始まったアメリカのサンフランシスコに拠点を置くオンラインフードデリバリーサービスです。人気の飲食店の宅配メニューを注文できるとして、一躍人気になりました。日本には2016年からサービスを開始。

通常は宅配を行っていないお店のメニューも自宅で楽しめることから、最近では世代を問わず利用者が増えています。

 

UberEATSの特徴

UberEATSは簡単に説明すると飲食店とユーザーを繋ぐ出前アプリのことです。特徴的なのはデリバリーシステムで、一般の人がサービスに登録し、「パートナー配達員」となって品物を利用者の元へ運びます。

 

「ウーバーイーツ」の画像検索結果

 

すでに東京では1000人以上が配達員として登録しており、彼らは空いた時間を利用して配達業務を行っているのです。現在、UberEATSはオフィスが集中する東京都渋谷区・港区を中心に配達していますが、今後はエリアをさらに拡大。

パートナー配達員も随時増やしていく予定だそうです。

 

しかし、希望すれば誰もが配達員になれる訳ではありません。

UberEATSの説明会に参加し、「年齢が18歳以上」、「使用するスクーターが保険に加入している」などの条件をクリアして、審査に通った場合のみ登録できます。

自分のスケジュールで自由に働ける、簡単におこずかいを稼げるとUberEATSの宅配員はアルバイトとしても人気です。

ガッツポーズのイラスト(会社員)

 

UberEATSの配達の流れ

UberEATSの配達はバイク、車、自転車で行うことができます。

①専用のアプリから配達注文を受ける

②店に行って商品を受け取る

③利用者の元へ運ぶ

もし配達の仕事が入った場合でも、受けるかうけないかは自由に選択できます。ノルマやシフトに関係なく働けるため、フリーランスや学生、主婦も空いた時間におこずかい稼ぎが可能です。

 

店側にとってもオーダーが入ると末端に表示され、配達員がすぐに取りに来るために店内のスペースを使わず、効率よく売り上げが増えるというメリットがあります。

また、UberEATSは末端のデポジットやテイクアウト用の容器といった、わずかな初期費用のみでデリバリーサービスを始められる点も大きな魅力と言えるでしょう。

以上の点を踏まえて、UberEATSは国内外でいま最も注目されている次世代のデリバリーサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です